vol.08 大人の装い、クラシックメガネ(女性編)

2018年2月号の「大人の装い、クラシックメガネ(男性編)」に続き、今回は女性編です。男性編では〈ルノア〉のメガネに特化し、個性やシーンに合ったメガネをご紹介しました。
今回は大人の女性が自然に掛ける事ができ、かつクラシックなメガネの醸し出す魅力を写真と共にお話しします。
ファッションとしてのクラシックとは、「伝統、基本、正統」の雰囲気で時代の変化によって変わらない普遍的なスタイルの事です。なので「メガネでオシャレをしてみたいけど大人としての品も欲しい」「普通は嫌だけど個性的すぎると掛けづらい」「仕事でも掛けたい」という方におすすめです。
例えば細めのメタルフレームですが、八角形のマットブラックカラーで落ち着いているのに地味さは感じさせません。大きすぎず小さすぎずのレンズが年齢の幅を狭めていないのもポイントです(写真上)。セルフレームやコンビネーションフレームが主体なクラシックスタイルですが、ここはあえてふちなしフレームを。ふちなしメガネはとても上品なので、大人の雰囲気がよく出せます(写真中)。クラシックメガネの定番・丸メガネは、細めのメタルフレームを選ぶ事で丸メガネ特有のキャラクター感が緩和され、むしろ上品に(写真下)。
クラシックメガネの最大の特徴は、ファッション性と品を兼ね備えている所ではないでしょうか。
個性的と思われがちですが、自分に合ったものを選べば年齢・性別問わず素敵に掛けられます。シンプルだけど美しいメガネは必ず存在します。
美しいメガネはあなたの美しさをより一層引き立ててくれるはずです。
winkコラム_№8

Wink 9月号掲載